頭痛について

頭痛のせいで、毎日が憂うつだと悩んでいるあなたへ

myimage231.jpg

もしも、あなたが頭痛で…

  • 頭痛がひどく、痛み止めを飲み続けている。
  • 頭痛で、仕事や家事をするのも苦痛になる。
  • 天候によって頭が痛くなる。
  • 生理前、生理中に頭痛がひどくなる。
  • 肩が凝ってくると頭痛になる。
  • こめかみや後頭部が痛くなる。
  • 頭が痛くて、気持ちが前向きになれない。
一つでもこのような頭痛の悩みを抱えているのであれば、あなたにとって当院は必ずお役に立てるはずです。是非このままゆっくりとお読み続けて下さい。

 

頭痛には、いろんな種類があります。

頭痛の原因はいくつかありますが、主な頭痛持ちの方は、この3つにあてはまるのではないでしょうか?

偏頭痛

片側あるいは、両方のこめかみから目のあたりにかけて、脈を打つように「ズキンズキン」と痛む

緊張型頭痛

頭の周りを何かで締めつけられるような鈍い痛み。

群発頭痛

群発地震のように、ある期間集中して頭痛が起こる。
「目がえぐられるような」「キリで刺されるような」と表現される耐えられないほどの痛み

危険な頭痛

この他には、危険な頭痛で、すぐにでも専門の病院に行った方がいい頭痛があります。
頭痛や吐き気、意識がぼんやりして、ろれつが回らなかったり、手足のしびれがともなう場合は、脳腫瘍・くも膜下出血・脳梗塞などの脳血管障害が考えられますので、早急に病院へ行って下さい。

当院に頭痛で来院されるお客様の多いパターン

頭痛の原因はいくつかあると思いますが、いしばし施術院に頭痛の症状で来院されるお客様は、日常的に首や肩の張りを感じている方が多いです。

頭痛を改善させるためにも、「何が原因で首や肩に問題が発生しているのか」を知る必要があります。あなたの生活習慣にヒントが隠されているのです。

いしばし施術院では、頭痛でも足の指先から頭まで、全身を見ながら原因を探り施術していきます。

いしばし施術院に頭痛で来院されるお客様に多い原因

  • 姿勢が悪い
  • 歩き方が悪い
  • 座っている姿勢が悪い
  • ストレスをかかえている
  • 睡眠時間が短い
  • 筋肉の血液循環が悪い

このような生活習慣の方が非常に多いと感じます。

頭痛の施術は、どこでも良くなるものではありません。間違った治療をすると余計に痛みが悪化します。

全身のバランスがすごく大事であり、いしばし施術院では全身を見て、「何が原因で今の痛みがでているのか」
原因を見つけて施術することが重要だと考えています。

「頭痛には…」

こんにちは! 「いしばし施術院」の石橋です。
あなたは、今まで頭痛を改善させようといろんなことを試してきたんではないでしょうか?

当院に来院された頭痛のお客様の多くが、過去にマッサージ・電気治療・鍼・お灸・筋弛緩剤・温泉・湿布・体操などを試されていらっしゃいました。しかし、思うような結果がでなくてツライ思いをされてきました。

いしばし施術院は、頭痛でも足の指から頭まで全身のバランスをみながら施術していき、原因となっている箇所にアプローチしていきます。なぜなら、足首やお腹が原因になっていることもあるからです。
同じ頭痛でもお客様によって原因が異なります。

あなたは間違った治療を受けていませんか?

間違い①

×「痛い所はマッサージすればいい」という間違い
ただ単に、肩こりになれば肩を揉んだり叩いたり、腰が痛ければ腰を揉んだり押したり…。このような、その場しのぎの対処で本当に良くなると思いますか?

答えは「良くなりません」
逆に、揉みほぐし過ぎることで筋肉を傷つけてしまい、余計に固まって痛みが起こります。
ですから、マッサージを受ける人は、もみ返しによって痛みが悪化してしまったり、どんどん強い刺激でないと満足できない身体になってしまいます。

間違い②

×「痛み止めの注射や薬で良くなる」という間違い
病院で当たり前のようにおこなわれている処置ですが、これで本当に良くなるのでしょうか?
確かに、痛みが強い時に、痛みを抑制することは必要かもしれません。
しかし、数カ月も薬を続けるのはどうかと思います。だんだん薬の効果も効かなくなってくるでしょうし、副作用もあると思います。ただ、痛みを誤魔化しているだけなのです。

痛み止めの薬や注射が効いて痛みが抑えられている状態だと無理ができてしまい、薬や注射の効果が切れた時には、もっと痛みが悪化しているはずです。

基本的に、薬は治すためのものではありません。その場の痛みを抑えるためのものです。例えば、身体の歪みが原因で痛みが発生している人が、痛み止めの薬を飲でも身体の歪みは改善されません。薬や注射は、その場しのぎの対処療法なのです。

間違い③

× 「骨盤が歪んでいるからといってボキボキ鳴らす」という間違い
あなたの体を鏡で見てください。顔は左右対称ですか?肩の位置は左右対称ですか?
左右対称ではないと思います。そう、身体は歪んでいるのです。

歪んでいることよりも、「なぜ歪んでしまったのか」それが大事です。
生活習慣を振り返り原因となっている所を探し、そこにアプローチしなければ根本的解決はしません。

症例①

デスクワークで一日中パソコン作業のOさん(38才・女性)

首が張って、頭痛もひどくなり、吐き気がする。

myimage231.jpg

首の痛み・頭痛・吐き気で仕事に集中できない。

月末になって仕事が忙しくなると、首の張りが強くなって頭痛がひどくなり吐き気までしていた。
最近は手のシビレを感じ始めてきた。

家事も苦痛で毎日が憂うつだったそうです。

首の痛み・頭痛のせいでイライラして家族に当たる。

毎日、不快感があり、少しの事でイライラしてしまい、夫や子供に当たってしまっていた。

特に朝起きると、首が回らない状態でつらかったようです。

首の痛み・頭痛・吐き気を治そうと努力してきたが…

マッサージ

2週間に一度くらいマッサージに行って、首や肩を揉んでもらっていたようです。その時は軽くなってほぐれた気分になりましたが、翌日の朝には首の痛みがぶり返していました。

温泉

血行を良くする為に、近くの温泉に行ってきましたが、気持ちはリラックスできるのですが、思った程の効果はなかったそうです。

痛み止めの薬

鎮痛薬を飲むようになって、最初の頃は効果があったのですが、最近は、あまり効かなくなってしまいました。
myimage232.jpg

施術開始

Oさんの場合、骨盤・ふくらはぎ・足首・両手の親指と人差し指に原因がありました。

ここを調整すると、首の痛みも頭痛も改善しました。
検査では、前後左右とも首の可動域に問題ありましたが、全て引っ掛かりがなくなりました。

まとめ

●首や肩が痛いといって、痛い所ばかり触っていてもダメ。
●仕事の姿勢を直さなければ、骨盤の歪みは取れない。
●薬で治ることはない。痛みを誤魔化しているだけ。

※個人差があり、成果や成功を保証するものではありません