肘の痛み(テニス肘・野球肘)について

myimage158.png

当院に肘の痛みで来院されるお客様に多い症状

  • 肘が痛くて大好きな野球ができない。
  • テニスをしていたら肘が痛くなった。
  • ペットボトルを開けるのも痛くてツライ。
  • 子供を抱っこしたいが肘が痛くてできない。
  • 重い物を持つと肘が痛い。
一つでもこのような悩みを抱えているのであれば、あなたにとって当院は必ずお役に立てるはずです。是非このままゆっくりとお読み続けて下さい。
 

「肘の痛みには…」

こんにちは! 「いしばし施術院」の石橋です。
あなたは、今まで肘の痛みを改善させようといろんなことを試してきたんではないでしょうか?

当院に来院されたお客様の多くが、過去にマッサージ・電気治療・鍼・お灸・筋弛緩剤・温泉・湿布・体操などを試されていらっしゃいました。しかし、思うような結果がでなくてツライ思いをされてきました。

いしばし施術院は、肘の痛みでも足の指から頭まで全身のバランスをみながら施術していき、原因となっている箇所にアプローチしていきます。なぜなら、足首やお腹が原因になっていることもあるからです。
同じ肘の痛みでもお客様によって原因が異なります。

なぜ、肘の痛みは発生するのか?

一般的にテニス肘は肘の外側の痛み、野球肘は肘の外側の痛みと言われています。
テニスをやったことがない人でも肘の外側が痛くなったら、病院で「テニス肘」と言われることもあります。

テニス肘でも野球肘でも肘を酷使することで痛みが発生すると考えられています。

確かに、使う頻度が多ければ負担が掛かかるため、痛みがでる人がいると思いますが、それ以外に…

当院が考える肘の痛みの原因は

  • 姿勢が悪い
  • 歩き方が悪い
  • 座っている姿勢が悪い
  • 過度の筋肉疲労
  • 関節が固い
  • 筋肉の血液循環が悪い

このような悪い生活習慣の方が多いと感じます。

いしばし施術院に肘の痛みで来院されるお客様は、全身のバランスを整えることで、ツライ症状が改善されています。

全身のバランスがすごく大事であり、いしばし施術院では全身を見て、「何が原因で今の痛みがでているのか」
原因を見つけて施術することが重要だと考えています。

原因もわからずに、首をけん引したり、矯正をするのは症状を悪化させる可能性があります。

myimage439.png

間違い①

×「痛い所はマッサージすればいい」という間違い
ただ単に、肩こりになれば肩を揉んだり叩いたり、腰が痛ければ腰を揉んだり押したり…。このような、その場しのぎの対処で本当に良くなると思いますか?

答えは「良くなりません」
逆に、揉みほぐし過ぎることで筋肉を傷つけてしまい、余計に固まって痛みが起こります。
ですから、マッサージを受ける人は、もみ返しによって痛みが悪化してしまったり、どんどん強い刺激でないと満足できない身体になってしまいます。

間違い②

×「痛み止めの注射や薬で良くなる」という間違い
病院で当たり前のようにおこなわれている処置ですが、これで本当に良くなるのでしょうか?
確かに、痛みが強い時に、痛みを抑制することは必要かもしれません。
しかし、数カ月も薬を続けるのはどうかと思います。だんだん薬の効果も効かなくなってくるでしょうし、副作用もあると思います。ただ、痛みを誤魔化しているだけなのです。

痛み止めの薬や注射が効いて痛みが抑えられている状態だと無理ができてしまい、薬や注射の効果が切れた時には、もっと痛みが悪化しているはずです。

基本的に、薬は治すためのものではありません。その場の痛みを抑えるためのものです。例えば、身体の歪みが原因で痛みが発生している人が、痛み止めの薬を飲でも身体の歪みは改善されません。薬や注射は、その場しのぎの対処療法なのです。

間違い③

× 「骨盤が歪んでいるからといってボキボキ鳴らす」という間違い
あなたの体を鏡で見てください。顔は左右対称ですか?肩の位置は左右対称ですか?
左右対称ではないと思います。そう、身体は歪んでいるのです。

歪んでいることよりも、「なぜ歪んでしまったのか」それが大事です。
生活習慣を振り返り原因となっている所を探し、そこにアプローチしなければ根本的解決はしません。

 

お客様の声を見る→

トップページを見る→